Appleの新作13インチMacBook Proは音楽制作にいいかも?

 

By ベン・ロジャーソン
2020年5月4日

 

新作はMagic Keyboard搭載、ストレージは標準で2倍、パフォーマンス速度向上

  

(写真)Apple

 

Appleが新しい13インチMacBook Proを発表したが、この新作はMacOSの音楽制作ノートパソコンを探している人にはかなり魅力的だ。

 

16インチ版新MacBook Air同様、Apple最新のMagic Keyboardが搭載されている。前作からタイピング表面が大きく改良されキーストロークは1mmになり、escの物理キーが復活した。

 

ストレージは前作13インチMacBook Proと比べ標準装備で2倍の256GB〜1TB(構成による)で、最大4TBまで拡張可能。

  

ターボブースト速度最大4.1GHzの第10世代クアッドコアCore i5プロセッサを選ぶこともできる。デュアルコアプロセッサの13インチMacBook Proに比べ、パフォーマンスは2.8倍早いと言われており、グラフィックパフォーマンスに関しても80%の速度向上が約束されている。

 

その他にも、RAMは最大32GBまで選べ(全モデルが少なくとも標準で8GB)、True Tone テクノロジーを用いたRetinaディスプレイを搭載。

 

価格は1,299ドル/ポンド(日本円13,4800円)からとなっており、この新作13インチMacBook Proは16インチモデルよりかなり安価で、300ドル/ポンド(3万円)しか安くないMacBook Airよりパワフルなので、音楽製作者には中々オススメかもしれない。

 

詳細はApple公式サイトへ。

 

元記事 Music Radar(英語)
https://www.musicradar.com/news/apples-new-13-inch-macbook-pro-might-hit-the-sweet-spot-for-music-production