ミシェル・ンデゲオチェロに12の質問

ミシェル・ンデゲオチェロに12の質問
Reverend Guitars(レバレンドギターズ)

1.音楽演奏のキャリアを簡単に教えてください。

私の母がギターをやっていて、私自身は15歳くらいのときに独学でベースを始め、好きなレコードのベースラインを耳コピしていました。生演奏が絶えない町で育って17歳になるまでには少なくとも週2回、人前で演奏していました。

2.ギターを始めたきっかけは?

兄がギターをやっていたので、私はベースでした。二人で一緒に弾いたりしました。

3.最初のエレキギターは?

最初のベースはフェンダーのムスタングです。

4.好きなレコードトップ5は?

プリンスの“Dirty Mind”

スライストーンの“Fresh”

ビートルズの“Revolver”

マイルス・デイヴィスの“Kind of Blue”

ジョン・コルトレーンの“Love Supreme”

でもそういう考え方はあまりしません。来週には全く変わっているので。

5.今までで一番誇らしかったパフォーマンスは?

私が演奏しているとき、舞台袖にブーツィー・コリンズとラリー・グラハムが立ってたことですかね。

6.レバレンドギターズを知ったきっかけは?

サンタモニカのギターショップでレバレンドを見つけて、デザインに目を引かれました。弾いてみたんですが、とても好みの音でした。

7.使っているレバレンドギターは?

自分のシグネチャーモデルとDicisionとDub Kingです。

ミシェル・ンデゲオチェロのシグネチャーモデル。Credit: Reverend Guitars

8.使っているレバレンドのどこが好き?

音と感触。

9.今使っているアンプとペダルは?

私はMalekko(マレッコ)の製品を使います、いろいろと。

10.何か変わった趣味やスキルや遊びは?

ありません。

11.これから有望なプレイヤーに向けてアドバイスをください。

心を開き、練習し、聞き、信頼すること。

12.現在のプロジェクトやツアーやCDなど、チェックすべきことがあれば教えてください。

9月に西海岸、秋にはヨーロッパツアーがあって、曲は常に書いてます。

元記事 Reverend Guitars(英語)
https://www.reverendguitars.com/basses/meshell-ndegeocello-fellowship