アメリカ人に聞いた「イギリス人の方が勝っていると思うこと23」

こんにちは、今回は久々に軽めの記事和訳でタイトル通りです。アメリカとイギリスの罵り合いを楽しめるのは、おそらくイギリス英語とアメリカ英語の違いが多少分かるようになってからかもしれませんね!私がオーストラリアやニュージーランドにいた時も、イギリス人とオーストラリア人とニュージーランド人が言葉使いの違いや文化の違いで冗談半分に罵り合っていました。本当に、イギリス人はオブラートに包んで人をチクチクするセンスが抜群〜とか思ったりします、個人的にはそこが好きです。フランス人はもっとでしょうが。 留学から帰った日本人も、アメリカに行ったのかイギリスに行ったのか、言葉以前に雰囲気や態度で感じ取れたりしますよね(笑)行ったことない人も、想像しながら読んでみて下さい^^

それでは行ってみましょう、どん!


アメリカ人に聞いた「イギリス人の方が勝 (まさ)っていると思うこと」
2016年10月24日
ジョシュア・バリー
スポーツ・音楽・食・笑いまで、イギリス人の方が勝っている?

アメリカ人よりイギリス人の方が勝っている事とは?

色々と論争はありそうですが、アメリカがイギリスを打ち負かせる事などあるのでしょうか?

もっと民主的に事実を用いて差別化する人もいるでしょう。例えば、イギリス人は最もポピュラーなスポーツやヨークシャープディングをあみ出し、電車に乗る時は割り込んだりする人種ではない、とか。

イギリス人の方が秀でている23の事があると確信する一人のアメリカ人がいます。

woman-eating-hamburger-usa-flag
Photo:Getty

アイビー・リーは「イギリス人がアメリカ人より優れていると思う事リスト」を以下のように書いています。

1.イギリス人はハンバーガーをビーフバーガーと呼ぶ、なぜなら明らかにビーフで出来ているから。
2.イギリス人はサッカーをフットボールと呼ぶ、なぜなら明らかに足でプレーしているから。

plug-socket


3.イギリス人はSI単位(キロ、メートル等)を使う、なぜなら世界がそれを使っているから。
4.イギリスでは壁のコンセントにON/OFFスイッチが付いている、その方が簡単で安全でエネルギー効率が良いから。
5.イギリスの日付表記はアメリカのように月/日/年ではなく、日/月/年と日にちを最初にしている。なぜなら1ヶ月約30日の間、月は変わらないから。
6.私達アメリカ人は朝食に砂糖と保存料の塊のシリアルを食べるが、イギリス人はたっぷりとイングリッシュ・ブレックファーストを食べる。

full-english-breakfast-fry-up
Photo: Getty

7.私達アメリカ人は全てがスーパーサイズで肥満率を上げているのに、イギリス人は食事量の制限によってより長い平均寿命を手に入れている。
8.私達アメリカ人が午後を乗り切るためにスターバックスのドリンクに溺れる一方で、イギリス人はなんとも和やかなアフタヌーンティーを楽しんでいる。
9.サッカー、ラグビー、クリケットといったイギリス生まれのスポーツは世界的に受け入れられているのに、アメリカのスポーツは主にアメリカ内にとどまっている。

manchester-uniteds-english-defender-chr
Photo: Getty Images

10.私達アメリカ人は有給休暇が10日しかないのに、イギリス人は法律で決められた有給が28日もあり、それとは別に産休や病気休暇などがもらえる。
11.イギリス人は世界一と賞賛される無料の国民皆保険があるのに、アメリカは未だに33先進国のうちで唯一の国民皆保険を持たない国のままだ。
12.イギリスの10ポンド札にはダーウィンがいる一方で、アメリカには天地創造説を信じている人が42パーセントいる。

jk-rowling
Photo: Getty

13.イギリスはハリーポッター、ロードオブザリング、ホビット、ナルニア国物語、シャーロックホームズなどの名作を生み出しているが、私たちアメリカはトワイライトだけ。
14.イギリスはアデル、デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン、ミック・ジャガー、コールドプレイ、レディオヘッド、ミューズ、クイーン、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、キンクス、ザ・スミス、ザ・リバティーンズ、ザ・フー、フェイセズ、ザ・ウォーターボーイズ、バズコックス、セックス・ピストルズ、ザ・クラッシュ、ゾンビーズ、スリッツ、ザ・ストーン・ローゼズ、ザ・キュアー、ザ・ダークネスを輩出しているのに、アメリカは。。。
15.イギリスの国獣(馬)は頭部をフサフサのタテガミで覆われているが、アメリカのはハゲている(ハゲタカ)。

six-people-queuing-at-supermarket-checkout
Photo: Getty Images

16.私達アメリカ人が逆上ぎみに群がる中、イギリス人は澄ました様子できちんと列に並ぶ。
17.イギリス人は澄ました様子できちんと謝る術を心得ている、しかも全てに。
18.イギリス人は澄ました様子できちんと間違った車線を運転できる。

holkham

19.イギリス人は、大英帝国に決して日は沈まないにも関わらず母国に日が照る事など滅多にないので、太陽を有難く思う気持ちを持っている。
20.イギリス人は、チョコ、チーズ、ケーキ、酒、そしていかがわしい名前の料理のバリエーションが豊富。(bubble and squeak/ 泡とキーキー声、spotted dick/ 班点のあるディック、singing hinnies/ 歌うケッテイ〔ロバと馬の合いの子〕)
21.イギリス人は皮肉、風刺、自虐的ユーモアとその言葉遣いに優れている。

david-mitchell
Photo: Getty

22.イギリス人は礼儀正しさと口汚さを同時に繰り出し、私達アメリカ人を負かす。
23.イギリス発音はアメリカ発音より魅力的。こればかりは議論の余地なしの事実。

元記事リンク
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/american-lists-everything-british-better-9114576


ちなみにこの記事のコメント欄をチラ見したんですが、ロードオブザリングのくだりでロケ地のプライドからかニュージーランド人が突っ込んできたり、コメント欄恒例の小競り合いが起きてたり、その仲介に入る「あくまで中立派の俺」が居たりとなんとも愉快です。I love コメント欄!

それではまた次回〜^^



英語の翻訳をお探しですか?

日本人の個人翻訳家だから依頼するにも堅苦しくなく、気軽に頼める翻訳サービス。
お手頃な低価格を重視しつつ【英語から日本語】【日本語から英語】の翻訳をお届けします。 お仕事からご趣味まで必要な翻訳をお探しの方、無料翻訳で検討していた方にもワンランクアップして格安翻訳を試してみませんか?
ご依頼、お問い合わせは 穴場翻訳 までお気軽にどうぞ!