穴場翻訳 Blog

アナタは「もの作り」をする人間としてプロか、ただのアマか。

こんにちは、今回は自分の仕事に対しての心構えに関する面白い記事を和訳してみました。この記事ではアーティスト、作家、ミュージシャン等、主にもの作りをする人達の話をしています。アーティストとして、プロやアマがあるなんて考える人は多くないかもしれませんね。アーティストとして生きるためのお金を稼ぎたいと思う、思ったがうまくいかない、そんな方には有益な記事です。他のビジネスをする上での思考となんら変わりはな... 【続きを読む】

日本ではカンチョーって本当にあるの?っていう真剣な質問

こんにちは、今回は日本人なら当たり前のコモンセンス「カンチョー」についての外国の方の素朴な疑問とその回答を和訳してみました。このセンスが通じる外国の方とはお友達になれそうな気がしますね、親友にはなれませんが。この記事はQuoraというネット上で世界中の人にあれこれ質問・回答しちゃうサイトにあった記事で、一般人が書き込んでいるのである意味かなりリアルな感想や体験談なんかもあり読んでて面白いです。カン... 【続きを読む】

なぜ日本の店では閉店時に「蛍の光」を流すのか?

こんにちは、今回はネット上のどうでもいいけど気になる記事を和訳してみました。タイトル通りです、外国人から見た日本の「なぜ?」にちょっと同感です。軽く読めるので是非〜。 それでは行ってみましょう、どん! なぜ日本の店では閉店時に「蛍の光」を流すのか?それにはある理由があった。 2015年6月22日 投稿者:ナオミ・ギンゴールド 日本である程度の時間を過ごしたことのある人なら、ある曲を何度も耳にし... 【続きを読む】

Gnarls Barkley – Who Cares? (歌詞和訳)

こんにちは、今回は Gnarls Barkley (ナールズ・バークレイ) の Who Cares? という曲を和訳してみました。Gnarls Barkley は二人組ユニットで、そのうちの一人のシー・ローの歌にfuck youという明るい歌があります、歌うと少し元気になりますw ちなみに who cares? とは「だから何?」「誰も気にしないよ」「どうでもいいじゃん」といった意味です。また、こ... 【続きを読む】

INDEPENDENT UK:「ホームレス撃退くぎ」に地元民がクッション被せ抗議

こんにちは、今回はUKニュースサイトIndependentより「ホームレス撃退用」スパイク設置に対する地元民の良識的抗議と、それに耳を傾けスパイク撤去に至ったお話の和訳です。素晴らしいと思います、自分にこのような率直で愛のある抗議ができる芯の強さがあるかと考えさせられます。当たり前のレベルでの素晴らしさかもしれませんが、日本人的感覚から考えると少々見上げてしまいます。今回の記事中にある動画の字幕ま... 【続きを読む】

Adele – When We Were Young (歌詞和訳)

こんにちは、今回も前回に引き続きAdeleの曲の歌詞和訳です。今回訳したのは「When We Were Young(私達が若かった頃)」という曲です。YoutubeでAdeleナイトを開催していた私は、作業をしながら流れてきたこの曲の歌詞からなんとなく耳が離せなかったので訳させていただきました。どういうシチュエーションかは諸説ありそうですが、誰しも憧れにも似た気持ちをもって心に留めた存在がいるもの... 【続きを読む】

Adele – Water Under The Bridge(歌詞和訳)

こんにちは、今回はイギリス人シンガーのAdele(アデル)の「Water Under The Bridge」という曲の歌詞和訳をしてみました。Adeleの事をご存知の方はとても多いと思うので彼女についての説明は省きますが、この曲のタイトルである”water under the bridge”とはidiom(慣用句)であり、「過去に起こった問題などで今となっては過ぎ去ってしま... 【続きを読む】

Me’Shell Ndegéocello – LOYALTY(歌詞和訳)

こんにちは!お久しぶりです。そして2017年、明けましておめでとうございます。皆様にとって、この一年が素晴らしいものになる事を心よりお祈りいたします。 さて今回は久しぶりすぎるほどですが、勝手に歌詞和訳です。あくまで私の訳ですので悪しからず(笑)今回訳したのはミシェル・ンデゲオチェロというドイツ生まれワシントン育ちの女性シンガーソングライター(ベーシスト)の「Loyalty」という曲です。彼女の音... 【続きを読む】

アメリカ人に聞いた「イギリス人の方が勝っていると思うこと23」

こんにちは、今回は久々に軽めの記事和訳でタイトル通りです。アメリカとイギリスの罵り合いを楽しめるのは、おそらくイギリス英語とアメリカ英語の違いが多少分かるようになってからかもしれませんね!私がオーストラリアやニュージーランドにいた時も、イギリス人とオーストラリア人とニュージーランド人が言葉使いの違いや文化の違いで冗談半分に罵り合っていました。本当に、イギリス人はオブラートに包んで人をチクチクするセ... 【続きを読む】

ノルウェーの食器デザイン「ルールを壊すにはルールを知ること」by ODD STANDARD

こんにちは、今回はノルウェーの女性2人組が作った食器デザイン会社 ODD STANDARD のインタビュー動画を和訳しました。圧巻の美しさです。シンプルでありユーモアと協調性のある器は、大人の女性らしさを感じます。さてインタビュー字幕は例のごとくモバイル端末では表示されませんが、下部にテキストで載せているのでご参照ください。とても愉快で真剣なトークをしています。クリエイティビティーを育て発揮するに... 【続きを読む】